2011年パリ旅行 *その2*

2011/02/03 Thu 09:45

今日はパリ旅行の日記をお届けします♪


2日目:2011年1月19日(水)

昨日買った列車のチケットを持って、サン・ラザール駅へ。
下見もしてあるし、歩いて数分なので、出発の15分ぐらい前にホテルをでました。

フランスの駅は日本とは違い、出発10分ぐらい前に入番線が表示されます。
それを待ってから、目的の番線へ。
番線には特に行き先も出発時間も表示されていないので、とりあえず係員ぽい人をつかまえて、チケットを見せてみたら。。。
「この列車でOKだよ」、チケットを指さしながら「○号車だから、もっと先だよ。ドアのこの部分に号車が書いてあるからね」と説明され、いそいそと号車探し。

席番をみると、43番と45番???
なんでひとつとばし?並び席じゃないの??
この席でいいのかなって思っていたら、他の方がチケットを見てくれて「ここで大丈夫よ」って言ってくれてひと安心。
並び席でした。

なんのアナウンスもなく、8:54に出発しました。
そうなんです。アナウンスってないんです。
降りる時もないから、気をはって乗車。
ちなみにヨーロッパの列車は時間通りには運行しないのが普通といわれているので、時計を見てても無駄。

パリでは晴天でしたが、時間がたてばたつほど霧がひどく、全くまわりが見えないほどです。

列車で約70分、着いたのは。。。ルーアンです。
IMG_0555_20110203.jpg

ノルマンディー公国の首都として栄えた古都。
ジャンヌ・ダルクの終着地。
1431年にジャンヌ・ダルクが火刑に処せられた街でもあります。

持ってたガイドブックには情報がのっていないので、駅でマップをもらって、出発。
街自体は思ったより大きくなく、観光スポットは1.5キロぐらいの正方形の中におさまっています。
なので、駅からテクテク。

IMG_0560_20110203.jpg

公園を見つけて何気なく歩いていたら、小池に白鳥が。
日本だと公園に白鳥がいるのかな?
フランスだから?

IMG_0570_20110203.jpg

ルーアンのシンボルのひとつ、大時計が有名だそうです。
大時計が設置されたのは1525年、もちろん今も現役で動いています。

IMG_0568_20110203.jpg

私が写真を撮っていると、ちょうど鐘も鳴って雰囲気が高まります。
帰国してから初めて知ったんですが、時針だけで、分針がないらしいですよ。
ちょっと写真からはわかりづらいですけど。

IMG_0575_20110203.jpg

時計の下にはとても素敵な彫刻がほどこされています。


IMG_0579_convert_20110201225820[1]

大時計をくぐって、テクテク歩くと、露店のお花屋さんを発見。
日本でもお花屋さんも見ていますが、とても素敵に見えてくるのは旅行ならでは。

IMG_0580_20110203.jpg

いつも冬にフランスに訪れるので、お花屋さんの色華やかなお花を見ると気持ちが和らぎますね。

IMG_0585_20110203.jpg

この雰囲気のある石畳を抜けると、もうひとつのシンボル ノートルダム大聖堂が見えてきます。

IMG_0605_20110203.jpg

印象派の画家 クロード・モネがこのノートルダム大聖堂を何枚も描いたことで有名になり、その主題よりルーアンの大聖堂とも呼ばれています。
ぶうママはこの大聖堂を見たくって、ここまで来ました。

P1320407_20110203.jpg

ちなみにパリのオルセー美術館に所蔵されている「ルーアンの大聖堂」です。
オルセーだけでも4枚?5枚ぐらい所蔵されています。

IMG_0586_20110203.jpg

聖堂内もとっても素敵。
時期はずれのためか、ほとんど観光客の方もいなく、貸し切り状態でした。

IMG_0591_20110203.jpg

ジャンヌ・ダルクのステンドグラス。

ちょうどパイプオルガンの練習中だったようで、聖堂内はパイプオルガンの音色であふれていました。

IMG_0607_20110203.jpg

大聖堂の向かいの観光局の2階。
余談ですが、ここでモネはルーアンの大聖堂を描いていたそうです。

この時点でまだお昼前。
でも長くなりましたので、今日はここまで。
読んで頂いてありがとうございます。

この調子だとだいぶ時間がかかりそうです。
お時間があれば、これからもお付き合いくださいね。


ランキングに参加しています
ぽちっと応援していただけると、うれしいです。
できれば、ふたつともぽちしていただけるとなお、うれしいです。






関連記事
スポンサーサイト
旅行 | コメント(6) | トラックバック(0)
コメント
No title
初めまして。レシピブログのあしあとからこちらのブログに辿りつきました^^
パリ旅行とサロンデュショコラの記事に釣られてコメントさせていただきます…!
花屋にしても公園にしても、ヨーロッパの街並みはどこを撮っても絵になりますね。小池に白鳥だなんてそんなベタな!と思ってしまいました(笑)日本は鴨が多いかもしれませんね。

それにしてもサロンデュショコラの今川焼き、一体どんな味なんだろう…!興味津々です~
No title
歴史的建造物一つ一つが素晴らしいですね!
花屋ひとつとっても新鮮な感じ☆
たくさんお写真撮られたでしょうね♪
この後も楽しみにしてまーす(*´▽`*)
No title
とっても素敵です。
この景色のお写真一つ一つに、うっとりです。
パリ、の魅力。
本当に伝わってきます。
うふふ。
お母さまも、笑顔いっぱいだったのでしょうね。

これから先の記事、ますます楽しみにしています♪
それにしても…貸し切り状態の聖堂内、うらやましいです(^^)
>nileさんへ
nileさん、初めまして。
訪問、コメントありがとうございます♪

そうなんです、小池に白鳥。。。私もそんなベタなって思いましたよ。
でも日本じゃ白鳥ってなかなか見ないですよねって聞きたいのは私だけ?
何もかもが絵になるので、カメラを持ちながらキョロキョロ。
かなりおのぼりさん状態でしたよ。

>ナナママちゃんさんへ
ナナママちゃんさん、おはようございます♪

そうでしょそうでしょ。
街中に歴史な建物が何気なく。。。日本にはあまりない光景ですよね。
思わずカメラを構えてしまうので、あれよあれよでかなりの枚数でしたよ。
>るーちゃんママさんへ
るーちゃんママさん、おはようございます♪

帰国後に写真を見ていると、もっと素敵なのに。。。って思いながら、カメラの勉強をしないとって。
なので、実際はもっともっと素敵ですからね。
ぶうママ。。。この辺りはまだまだ元気だったんですけどね。
日を追うごとに。。。


管理者のみに表示

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...