2014年パリ旅行 #2

2014/02/28 Fri 08:40

今日はとても暖かくなるみたいですね。
すでに朝からのどがイガイガ、鼻がむずむず。
花粉症の皆さん、マスク必須です。

************************

またしても旅行日記が亀なみのスピードでのUPですが、楽しんで下さい。


<2日目>
2014年1月14日(火)

パリ2日目。
2件ほど寄り道してから2日目スタート。

今回の旅行のテーマは今まで出来なかった事をしてみよう。

ぶうママがいるとやはり無茶ができない。
自分のやりたいことにどっぷりひたれない。
とかあったので、「あれやったことないな」と思うことをしてみることに。

まずは「パッサージュ巡り」してみたい。

パッサージュとは・・・
18世紀後半以降のパリを中心に建造されたガラス製アーケードに覆われた歩行者専用通路。建物によって遮断された通りを接続し人々を集めることを目的として、既存の建物の中を通り抜ける形で再開発された。百貨店の発生以前に高級商店街として隆盛した。パサージュとはフランス語で、「通過」や「小径」などをあらわす。

~ウィキメディアより引用~

今でもパリに10数カ所、パッサージュが現存しています。
今回は数カ所、訪れてみました。



まずは「パッサージュ・ジュフロワ」
1847年オープンの歴史の古いパッサージュ。
ガラス天井はとっても高く作られているので、曇りでもとっても明るい。
この日は曇りです。
ちょっとレトロな雰囲気。
おもちゃ屋さんとか骨董品屋さん、雑貨屋さんとかありましたよ。

P1140039_20140226.jpg

お菓子屋さんを見つけたので、ついパシャリ。
1月なので、ガレット・デ・ロワがたくさん。

P1140041_20140226.jpg

お次は「パッサージュ・デ・パノラマ」
さっきのパッサージュの向かい側にあるの。
雰囲気が違いますよね。
こちらはカフェやレストランが多かったかな。

P1140043_20140226.jpg

1800年に作られ、歴史的建造物に指定されているパッサージュ。
さらに古いパッサージュ。
お店の看板がとっても素敵で味のある。

P1140044_20140226.jpg

レストランの立て看板。
めちゃめちゃカワイイの。
日本でもこういうのあるのかな。
ありそうなんだけど、私は見たことない~。

P1140047_20140226.jpg

お次は「ギャルリー・ヴィヴィエンヌ」

パリで最も美しいと言われているパッサージュ。
1823年にオープンし、天井のアーチ、床に敷き詰められた大理石が素敵。
とてもクラシカルなパッサージュです。
こちらも歴史的建造物に指定されているそうです。

P1140056_20140226.jpg

古本屋さん。
TVとかでパッサージュの特集をしていると、出てくるお店。
お昼前なんだけど、まだお店がオープンしてなかったのが、残念だけど。。。

20140226.jpg

写真の看板は古本屋さんの看板。
パリの看板って好き。
個性的で同じ看板はなくって、ついついお気に入りの看板を見ると写真に撮っちゃう。

P1140053_20140226.jpg

パッサージュ巡りしたら、パリらしさに巡り会えるかも。。。


長くなったので、今日はここまで、また今度♪




ぽちっと応援していただけると、うれしいです。
できれば、ふたつともぽちしていただけるとなお、うれしいです。





関連記事
スポンサーサイト
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...