2014年パリ旅行 #5

2014/03/21 Fri 11:40

今日から3連休ですね。
皆さんはどうされますか?
うちは。。。お出かけをする予定ですが、だんなが風邪をひいてしまったようです。
もしかしたら、ゆっくり休日になりそう。

************************

3日目
2014年1月15日

世界遺産にも登録されているストラスブール。
特にクリスマスが有名。
クリスマスシーズンには大勢の観光客が訪れるそうです。

なのに、ガイドブックにほどんど紹介されてなく、地図もあまりなかった。
駅のツーリストインフォメーションで地図を買って、出発。

でも、地図を見てもあんまりわかんないので、とりあえず歩いてみよう(笑)
適当に歩いて歩いて、お店を覗いたりしていたら。。。

P1150137_20140321.jpg

ガイドブックで見た風景!
プティットフランスと呼ばれているイル川の4本に分岐しているエリア。
白い壁に黒い木組みの、アルザス独特の建物が並び雰囲気風景。
おのずと写真の枚数が増える(笑)

午前中なので、人もいない。
そもそも冬のこの時期はあまり観光客はいません(笑)



どこを撮っても、絵になる場所。
カメラと一緒におさんぽ。

P1150135_20140321.jpg

今回の旅行には買ったばかりのミラーレスを持参。
写真の質としてはデジイチの方がいいのですが、やはり重いので、今回はお試しでミラーレスにしました。
そのカメラちゃんを首からさげて、あっちにトコトコ、こっちにふらふら。
迷子といってもいいかもしれないけど。

P1150113_20140321.jpg

イル川から離れて街中へ。
購入した地図はほっぽったまま、ふらふら歩いていたら、大聖堂みっけ。
大きな建物だから、見つけやすい。
大聖堂を目指して、またふらふら(笑)

もう1月も半ばですが、場所によってはまだクリスマスの飾りがまだ残ってました。

P1150172_20140321.jpg

ノートルダム大聖堂の正面。
でかすぎて、手前の建物で隠れてしまってる(笑)

ノートルダム大聖堂とは。。。聖母マリアに捧げられた教会のこと。
フランス語でノートルダムとは私達の貴婦人」という意味で、聖母マリア指しています。

ノートルダム大聖堂というとパリのイメージが強いですが、各地で建造されています。
他の場所でいうと、シャルトル、ランス、数年前に訪れたルーアンにもあります。

P1150210_20140321.jpg

お昼休みで大聖堂内が入れなかったので、まずは大聖堂の塔にのぼってみました。
展望台まで高さ66m、329段だそうです。
塔といっても、大聖堂の尖塔部分ではなく、大聖堂の屋上までです。

途中の景色、大聖堂の裏側。

P1150211_20140321.jpg

こちらの途中の景色。
歴史の長さを感じる街並み。

P1150223_20140321.jpg

コチラは塔の展望台からの景色。
高い建物がないので、遠くまで見渡せますね。

P1150228_20140321.jpg

覚えてる方はいるでしょうか?
旅行のMyルールとして、旅行中、1回は高いところに登るようにしてるんです。
眺めのいい場所から景色を見ることを目的としているけど、実はプチ高所恐怖症です(笑)
基本高いところはキライじゃないと思うの。
でも、柵のないところ、もしくは下が見えるとか不安定な感じのところが苦手。

写真でもお分かりの通り、塔を降りるときはかなり下が見えるので、腰が引けたような体勢での帰り道。

P1150270_20140321.jpg

大聖堂の正面。
地元の砂岩をしようとているため、独特なピンク色の外壁。
パリのノートルダム大聖堂とはまた違った味わいのある建物。

P1150272_20140321.jpg

大聖堂内部。
左上にはきらびやかなパイプオルガン。

P1150313_20140321.jpg

両サイドは色鮮やかなステンドグラス。
ステンドグラスは写真で撮っても、色の美しさを伝えられないのが残念。


こんな風にトコトコとストラスブールの街並み散策。

今日も長くなりましたので、次回へ。
まだまだストラスブールの旅、続きます。



ぽちっと応援していただけると、うれしいです。
できれば、ふたつともぽちしていただけるとなお、うれしいです。





関連記事
スポンサーサイト
旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...